サラリーマンのリスクこんにちは、結城です。

 

今回は、サラリーマンを続けるリスクについて、

私なりの考えをお伝えしたいなと思います。

 

何を隠そう、私はいわゆる脱サラをして、

現在はネットビジネスだけで生計をたてています。

 

サラリーマン時代は、当然のように思っていたことも、

今思い返してみると矛盾点ばかりでしたので、

今まさにサラリーマンとして働いている方に向けて、記事にしてみました。

 

サラリーマンのリスクその1 仕事や人が選べない

一般的な会社であれば、基本的に部署や誰と一緒に働くかということは選べません。

 

「そんなの当たり前だろ」と思われるかもしれませんが、

よくよく考えてみたら、非常にリスクが高いことだと思うのです。

 

一緒に働く人が選べないということは、

もしも明日あなたの隣の席に苦手な人が異動してきたら、

その人と一緒に仕事をしなければならないことになります。

 

私も経験があるのですが、社会人一年目の時に隣にいた40代の先輩社員のおっちゃんが、

ものすごく癖が強すぎて課内でも有名でして、とにかく相性が合いませんでした(笑)

 

今でこそ笑い話にできていますが、

当時は本当に毎日毎日仕事に行きたくなくて、

なんとかしてこの現状から逃れられないかと考えていました。

 

毎週金曜日には「やっと解放された!」と喜び、

日曜の21時くらいになれば、

「また明日から会社か…」と憂鬱になっていたのですね。

 

で、色々と考えた結果、そんな状況から逃れる方法なんてありませんでしたので、

解決策としては、ただひたすらその人が異動してくれるのを待つのみでした。

 

結果的に、その人は1年後に別の部署に異動することになったため、

その後は比較的平穏な日々を過ごすことができたのですが、

あのままの人間関係が続いていけばどうなっていたのかと考えたらぞっとしますね。

 

毎日毎日、たった一人の人の存在に囚われ続けるなんて、

本当に人生の無駄というか、もったいなさすぎです。

 

私もあのまま、先輩職員が残り続けていたら、

休日も嫌な気持ちを抱えたまま過ごしていたでしょうし、

最悪の場合、精神的な病気になっていたかもしれません。

 

サラリーマンのリスクその2 業務内容を選ぶ権利がない

次に、サラリーマンの宿命として、業務を選べないことがあげられます。

 

「本当は営業をやりたくて入社したのに、やらされているのは経理や総務だ」

実際、このような方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

 

もちろん経理がだめとか営業がいいとかそういった話ではないのですが、

やりたくもない仕事を延々とこなして、

そこそこのお金をもらい続ける人生に何の意味があるのだろうか?と私は感じます。

 

生活するためにはやりたくない仕事をせざるをえないのかもしれませんが、

それは自分の人生を安売りしていることであり、

「自分自身の人生を生きている」と言えるのかなと思うわけです。

 

サラリーマンのリスクその3 精神的な疾患になる危険性が高い

こちらは、人を選べないというリスクにも関係するのですが、

結局、サラリーマンは基本的に誰とどんな仕事をするのかが選択できないため、

合わない人や合わない業務を任された場合、度が過ぎると精神的におかしくなってしまいます。

 

で、場合によっては、うつ病や統合失調症などの精神疾患にかかり、

仕事を辞めざるを得ない状況に陥ることも十分に考えられるわけです。

 

現に、私の前職では、精神疾患を抱えている人と接する機会が多かったのですが、

一度そういった病気に罹ってしまうと、私が見てきた限りほぼ誰も治っていませんでした。

 

もちろん、回復して元気な暮らしをしている方も中にはいるかと思いますが、

少なくとも私が実際にみてきた限りでは、回復して無事に社会復帰ができたという方は皆無。

 

軽く100人以上はそういった精神疾患を抱えている方を見てきましたが、

本当に一人たりとも治っていませんでしたね。

 

また、つい先日も元同僚がうつ病になったという話も聞いていて、

本当にいつ誰が精神をおかしくするかなんてわからないと実感しました。

 

その同僚は、元バスケ部で社交的で仕事もできて上からも下からも慕われて明るくてといった、

いわゆる典型的な優秀な社員だったのですが、業務内容が合わずに、

うつ病になってしまったのです。

 

このように、私自身、そういった人をこれまで何人も目の当たりにしているので、

より一層精神疾患の恐ろしさを認識していますね。

 

サラリーマンのリスクその4 仕事が資産とならず、スキルが身に付かない恐れがある

最後に、私が一番恐ろしいと感じているのが、

日々の仕事が資産となって自分のスキルとして残り続けるか?という点です。

 

・事務作業であったり、誰でもできる単純労働を繰り返すこと

・数年であちらこちらの部署を転々と異動させられるため、

 特定の業務についての深い知見を得られないこと

 

このような仕事は、結局は自分の時間と体でお金を買っているということに他なりません。

 

万が一、会社をリストラされてしまった場合、

そこに残るのは、“なんでもそれなりにこなせる普通くらいの人材”です。

 

突出したスキルがあるわけでもなく、

広く浅く満遍なく仕事をこなせるだけの人材とも言えます。

 

20代、30代前半くらいまでならまだ転職市場での需要もあるかもしれませんが、

30代後半以降になると、とたんに求人も減ってくるのではないでしょうか?

 

このように、日々の仕事が自分のスキルとして残るかどうかが、

とても重要な点だと私は感じますね。

 

逆に言えば、毎日の仕事で自分自身のスキルを高め続けられ、

転職の市場でも需要があるスキルならば、かなりいい環境だと思います。

 

結論:サラリーマンを続けることもリスクが高い!

結論としては、サラリーマンだってリスクは高いということです。

 

で、「じゃあ、サラリーマンの自分はどうすればいいのか?」と聞かれれば、

まずは副業からでもいいから、自分のスキルが磨けるものを始めてみる事をお勧めします。

 

例えば、私がやっているアフィリエイトなんかは副業にぴったりですね。

 

参考:アフィリエイトとはどういったものなのか?

 

アフィリエイトは、パソコンさえあれば在宅でできますし、

初期費用もほとんどかからず、失敗して借金を負うようなものでもありません。

 

また、アフィリエイトはネットを通じて、誰かに商品を紹介するというビジネスなので、

人間心理や人の購買時の感情について実践を通じて学ぶことができます

 

なので、アフィリエイトで培った知識はあなたの本業でも必ず活かせるはずですし、

アフィリエイトが軌道に乗れば、それこそ脱サラするくらいまで稼ぐことも可能です。

 

また、もしもあなたがアフィリエイトに興味がおありならば、

ぜひ私の無料メール講座にも参加してみてください。

 

このメール講座では、ネットで稼いだことのない完全0の初心者の方が、

どうすればネットで稼ぐことができるのか?という方法や道筋について学べます。

 

今更、参加者限定特典も配布していますので、

ぜひ、これを機会にあなたのご参加をお待ちしております。

 

特典付き無料メール講座はこちらをクリック

 

それでは、最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

結城でした。

 

merumaga-kijishitaform

完全無料のメール講座を開催中です

さらに、今なら合計100ページを超える有料級の限定特典を配布中!

 

特典内容の一部をご紹介すると…

 

◆ネットを使って荒稼ぎし、自由な生活を得ている者に共通する「たった2つ」の成功法則とは?

◆実績も何もない完全0の初心者からでも、挫折することなく圧倒的に稼ぎ続けるまでの具体的な3つのアクションプランについて

◆一日わずか1時間程度の作業でも、たった3か月で月収を10万円増やす現実的な方法

◆無数にあるネットを使った稼ぎ方の中で、月収7桁も達成できる可能なダントツで一番稼げる方法とは?

◆多くのネットビジネス実践者が軽視している、誰が読んでも読みやすくわかりやすい文章を書くための4つのポイント

◆なぜ人はネットの甘い話に騙されるのか?「仕掛ける側」が駆使する「心理テクニック」を根底から学べる結城独自のストーリー

 

また、無料メール講座の内容としましては…

 

・ネットで稼ぐために最初に知っておきたい心構えについて

・稼げるかどうかを大きく作用するマインドセットの重要性について

・何もない初心者でもステップバイステップで前進していける手法について

・ネットで一生稼ぎ続けるために必要不可欠である超重要なスキルについて

・楽しくレベルアップをしながら長期的に稼ぎ続けるための方法論について

・無理なく脱サラしスムーズにネットビジネス専業になるための流れについて

 

などと、ご紹介させていただいたのは「極一部」です。

 

その他、普段ブログでは語らない情報もありますので、

あなたのご参加をお待ちしています!

 

*お名前(ニックネームでも可)
*メールアドレス

 

その他ご不明な点があれば、いつでもお問い合わせください。

結城へのお問い合わせはこちら