Electronics shopこんにちは、結城です。

 

私はネットビジネスだけで生計を立てるようになってから、

よく平日の日中に街中をブラブラしているのですが、一つ気になったことがありました。

 

それが「家電量販店、人いなさすぎ!問題」です。

 

というわけで、今回は、「家電量販店の閑散さから感じたこと」と、

その現状を踏まえて、「これからの時代に生き残る人やお店はなんなのか?」

について、お話していきます。

 

家電量販店はなくなるのか?衰退する店舗の様子について

私はよく近所のヤ〇ダ電機にふらっと入るのですが、

平日の日中だと、びっくりするくらいほっとんどお客さんがいません。

 

まぁ、ネットでもよく言われていることですが、

本当にお客さんよりも店員のほうが明らかに多いです。

 

もちろん、お客さんがいなくても彼・彼女らの人件費はかかりますし、

ヤ〇ダ電機のような大型の店舗となると売り場規模も相当なものですから、

光熱費等もかなりの額がかかることが想定されます。

 

私のような家電量販店に全然詳しくない素人が売り場をチラ見しただけでも、

どう考えても店が繁盛していないことは一目瞭然でした。

 

では、なぜこんなにもお客さんがいないのか?

 

もちろん、平日の日中と言う時間帯だからというのも一つの理由ですが、

やはり、一番の理由はインターネット通販の出現です。

 

インターネット通販が家電量販店より強い理由

少し前まではネットでものを買うなんて信じられないなどといった風潮もありました。

 

しかし、今ではネット通販など本当に誰でも行っている当たり前の行為です。

 

で、じゃあ実店舗型の家電量販店とネット通販が、

同じ商品を扱っていた場合、人はどちらで商品を買うことになるのでしょうか?

 

一つの指標として考えられるのは、もちろん価格でしょう。

 

実店舗で1万円で売られている洗濯機がネット通販なら9,000円で買えるなら、

特段理由がなければ、普通は価格が安いネットで買います。ごく当たり前の話ですね。

 

そもそも、ネット通販というのは実店舗を持たないので、

人件費等のコストを抑える事ができるため商品価格を安くすることができます。

 

どういうことかと言いますと、

例えば、Amazonで洗濯機を買うとなった場合、

それはAmazonの巨大な倉庫から洗濯機が送られてくるわけです。

 

つまり、販売者側が街中にどでかい土地を借りたり、

接客用の店員を配置したりする必要はありません。

 

一方で、実店舗であれば、

 

・街中に店舗を構えて

・巨大な売り場面積を作って

・レジ、売り場、商品の陳列等に対応する店員を配置して

 

商品を売っていくことになります。

 

そのため、人件費や土地代もどうしても高くならざるをえないのです。

 

よって、そういった経費を回収するために、価格を下げすぎることができないことになります。

 

つまり、Amazonの巨大な倉庫に大量のあらゆる商品が保管されているため、

ネット通販は実店舗に比べて商品を売るまでにかかる経費を安くできますが、

実店舗だと経費がたくさんかかるため、簡単には価格を下げることができないわけです。

 

しかし、消費者からしたらそんな店側の事情など知ったこっちゃないので、

単純に「安いほうで買う」という行為が行われることになります。

 

では、ネット通販が台頭してきたこの時代、

実店舗型の家電量販店は今後生き残ることはできないのか?

 

と言われれば、私としては決してそんなことはないと考えています。

 

実店舗型の家電量販店が将来生き残るには、買う理由を付けることが必要である

Amazonのようなネット通販上に強大すぎるライバルがいる中で、

ヤ〇ダ電機等のような実店舗型の家電量販店が今後生き残るためにはどうすればいいのか?

 

その答えは、実店舗で購入する理由をお客さんに与えてあげればいいのです。

 

先ほど説明したとおり、実店舗はネット通販に比べてその仕組み上、

どうしても商品の販売価格を高くせざるを得ません。

 

ただ、ここで実店舗側もネット通販に合わせて価格を下げるという価格競争に入ると、

結局、利益は下がってしまい最終的には閉店の危機がきてしまいます。

 

そうならないために大切なのは、価格競争ではなくて、

「商品を実店舗で購入する理由」をお客さんに与えてあげればいいということです。

 

例えば、アフターフォローの充実が考えられます。

 

多くの場合、ネット通販で商品を購入するとなると、

購入後に不備があった場合にどうしてもそのやりとりがめんどくさくなりがちです。

 

メーカーに直接問い合わせるのか、購入したネットショップに問い合わせるのか、

電話口で何をどう説明して、実際に返品交換はどういう手続きをとるのかなどと、

人によっては、何をどうすればいいのかめんどくさいと感じる人もいるはずです。

 

一方、実店舗ならばその心配はありません。

 

「購入後に不明な点や不良品などがあった場合は、

お店に直接電話していただければ、すぐに専門スタッフが対応します」

 

といった風にシステム化しておけば、

購入後のアフターフォローが迅速かつ明瞭という点を押し出すことも一つの手。

 

お客さんからしたら、電話一本で現物チェックまでしてくれるような対応を

してもらえればものすごく楽ですし、

家まで来てもらえれば、直接商品を見ながら説明もできて安心と言えます。

 

まぁ、こちらの例については、今ぱっと思いついただけなので、

実際に運用するとなると、様々な問題はでてくるかと思いますが、

いずれにせよ大切なことは「そこで買う理由を与えること」です。

 

あなたのところで買う理由を与えることが大事である

そして、この話は家電量販店に限ったことではありません。

他にも、スーパーやドラッグストア、アパレル店など、

今では本当にネット通販が盛んなため、

実店舗まで出向いて買う必要がない商品がたくさんあります。

 

そして、これらの店舗が生き残るのも先ほどお伝えしたとおり、

「そこで買う理由を与えること」が大事になってくるのです。

 

さらに、これはネットビジネスでも同じ。

 

自分のブログから何か商品を買ってもらいたいなら、

「自分のブログから商品を買う理由を与える事」ができなければ商品は売れません。

 

この理由というのは実に様々ですが、

ブログの管理人に対する信頼感や安心感、

または実績、特典のボリュームであったりとします。

 

つまり、お客さんは買う理由がなければ、あなたのところで商品を買いません。

 

以上みてきたように、今回は家電量販店からみたネットビジネスのお話に繋げてみました。

 

あなたもぜひネットビジネスを実践中であれば、

「お客さんに商品を買う理由を与えること」を意識してみてください。

 

また、アフィリエイトで必要となるスキルについて、

以下の初心者向け講座の実践編にまとめています。

 

ぜひ、こちらも参考にしてみてください。

 

初心者講座でアフィリエイトの稼ぎ方を学ぶ

 

それでは、本日も最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

結城でした。

 

merumaga-kijishitaform

完全無料のメール講座を開催中です

さらに、今なら合計100ページを超える有料級の限定特典を配布中!

 

特典内容の一部をご紹介すると…

 

◆ネットを使って荒稼ぎし、自由な生活を得ている者に共通する「たった2つ」の成功法則とは?

◆実績も何もない完全0の初心者からでも、挫折することなく圧倒的に稼ぎ続けるまでの具体的な3つのアクションプランについて

◆一日わずか1時間程度の作業でも、たった3か月で月収を10万円増やす現実的な方法

◆無数にあるネットを使った稼ぎ方の中で、月収7桁も達成できる可能なダントツで一番稼げる方法とは?

◆多くのネットビジネス実践者が軽視している、誰が読んでも読みやすくわかりやすい文章を書くための4つのポイント

◆なぜ人はネットの甘い話に騙されるのか?「仕掛ける側」が駆使する「心理テクニック」を根底から学べる結城独自のストーリー

 

また、無料メール講座の内容としましては…

 

・ネットで稼ぐために最初に知っておきたい心構えについて

・稼げるかどうかを大きく作用するマインドセットの重要性について

・何もない初心者でもステップバイステップで前進していける手法について

・ネットで一生稼ぎ続けるために必要不可欠である超重要なスキルについて

・楽しくレベルアップをしながら長期的に稼ぎ続けるための方法論について

・無理なく脱サラしスムーズにネットビジネス専業になるための流れについて

 

などと、ご紹介させていただいたのは「極一部」です。

 

その他、普段ブログでは語らない情報もありますので、

あなたのご参加をお待ちしています!

 

*お名前(ニックネームでも可)
*メールアドレス

 

その他ご不明な点があれば、いつでもお問い合わせください。

結城へのお問い合わせはこちら