ブログの記事が書けない、書くことない、書きたくないこんにちは、結城です。

 

今回は、私のブログから下克上∞というトレンドアフィリエイトの教材を購入してくださった、Sさんからいただいたご相談にお答えしていきたいと思います。

 

ご質問はこちら↓です(一部改変しています)。

 


 

こんばんはSと言います。

私は現在アドセンスに取得するためにブログを書いたり消したりの毎日です。

私は文章を書くのが嫌で工学部に入ったような者なので苦労しています。下克上の復習ばかりです。

 


 

Sさん、ご相談ありがとうございました。

 

厳密に言えば、相談かどうかはわかりませんが(笑)、Sさんのように「文章を書くのが嫌だ」というお悩みを抱えている方も多いと思いましたので、今回は記事にしてみました。

 

というわけで今回は、ブログ記事を

  • 書けない
  • 書くことない
  • 書きたくない

場合の対処法というテーマでお話していきます。

 

ブログの記事を書くことに苦手意識がある理由とは?

まず、ブログの記事を書くのにどうして苦手意識があるのか?という話からします。

 

記事を書くことの苦手意識というのは、私の意見としては、「文字を書く経験が少ないから」から生じているものだと思うわけです。

 

要は、これまで普通に生きてきた中で、

  • そこそこ長い文章で
  • 誰かに届けることを前提に

文章を書くことなんて、常日ごろから行っている人はあまりいないかと思います。

 

もちろん、履歴書であったり、恩人へのお手紙であったり、ちょっとした“特殊なケース”であれば、そういった文章を書く機会もあるかもしれません。

 

ただ、どっしりと腰を据えて、しっかりとした文章を書く機会なんてことは、そうそうないものかと思うわけです。

 

であれば、文章を書いたという経験がそもそも少ないのだから、「自分は文章が苦手だ・・・」と思ってしまうことも仕方ありません。

 

では、どうすれば文章をそもそも書くことができるのか? それについてお話していきます。

 

ブログ記事を書くのが苦いならば、「文字」ではなく「言葉」として吐き出す

そもそも、文章を書くとは「自分の頭の中にある思考を文字として外に吐き出す行為」です。

 

ここで大事になってくるのが「文字として外に吐き出す」という点です。

 

この「文字」として吐き出すことを、「言葉」として吐き出すに変えてみればどうでしょうか?

 

なぜならば、頭の中の思考を吐き出す時に、「文字」ではなくて「言葉」として吐き出すことであれば、誰しも日常的に行っている行為であり、苦手意識は少ないものかと思うからです。

 

というのも、私は普段から近所のカフェで超人作業をしていたり読書をしていたりしますが、近くの席にいるお客さんらは、本当に老若男女問わず、ずっと喋っています(笑)

 

本当に、いつこの話題が終わるんだよ…というくらいに、延々としゃべり倒しているわけです。

 

しかし、もしも、彼・彼女らに「言葉ではなくて、文章でコミュニケーションをとってください」と言えば、途端にコミュニケーションが減ってくるものと思います。

 

要は、そのくらい、本来の人間は喋りたいと思っているし、個々の意見や考えはあるはずなんです。

 

それを「文字」という形で綺麗に落とし込もうとするから、苦手意識が起こってしまい、その結果「自分には無理だ、苦手だ、嫌だ」という考えになってしまう。

 

そうであれば、そもそも、思いや感情を、文字で吐き出すのではなくて、言葉として口から吐き出せばいいわけです。

 

なので、あなたがもしも、ブログの記事を書けないなと思うのであれば、形を気にせずに、記事のネタにしようと思っていることについて、深く考えずに誰かとただひたすら喋ればいいと思います。

 

しかも、誰かと会話するほうが活発な意見が起きますし、会話相手から思いもよらぬ意見が出てきたりもするのでオススメ。

 

万が一、誰かと会話するのが難しいのであれば、一人でパソコンの前で独り言でもいいのでぶつぶつ喋りまくればいいです。

 

現に、私も記事が書けない時期は延々とぶつぶつ言いながら記事を書いていた時期もありましたので(笑)

 

ただ、実際にそうやって喋っていると、だんだんとアイデアが出るようになってきます。

 

というか、実は、今私が書いているこちらの文章も、書きながら同時並行でアイデアを産みつつ、書き進めています。

 

イメージとしては、相談者のSさん一人に向けて、まるで目の前にいるかの如く、直接語りかけているような気分で書いているのです。

 

これを、元からパソコンの前腰を据えて「よし、ちゃんとした記事を書くぞ!」なんて気合を入れても、それは辛いですし、いい記事は生まれません。

 

なので、最初はどんなに適当な形でもいいので、文章を書くというよりも、思ったことを言葉にするくらいの勢いでやるといいです。

 

ブログ記事のネタに興味がない場合はどうするのか?

というわけで、ブログの記事が書けない時の対策について説明をしてきましたが、もしかしたら以下のような状況に陥っている場合もあるかもしれません。

 

それが、

「言葉にするのがいいのはわかったけれど、そもそも書こうと思っているネタに興味がないので、何も感情も思いも生まれてきません」

といった場合です。

 

これに関して私が思うことは、「そんなネタは書かないほうがいい」ということになります。

 

というのも、興味がまるでないネタについて数千文字も書くなんて相当辛い行為です。

 

例えば、私であれば「某有名アイドルの○○がイケメン俳優と○○デート!?」みたいなトレンドのニュースがあったとして、それを記事にするとなれば、かなりのストレスになると思います(笑)

 

「某有名アイドルもイケメン俳優もそもそも誰?」というレベルであれば、それこそ苦行以外の何物でもありません。

 

で、そういった興味がまるでないネタについては、いっそ書かなくていいのではないかと私は思います。

 

というか、そうやって嫌々書いた記事というのは、力がないというか、文章に「念」みたいなものがこもらないので、読み手の心に突き刺さらないんですよ。

 

いわば、情報の羅列とちょこっとした自分の意見を軽く添える的な味気ないもの。

 

そんな記事なんて読者から見て楽しくも学びになるわけもないですし、Googleからの評価もされるわけがないのです。

 

というわけで、少しでも自分が興味があるようなネタを集めたほうが苦痛も少ないし、できあがる記事にも念がこもるしで、一石二鳥だと思います。

 

義務感から「このネタで記事を書かなきゃ!」という風に思っても、おそらく頭の中からは何一つアイデアなんて出てこないと思います。

 

であれば、そんな記事ネタはそもそも無視して、別のネタで記事を投稿するほうがよっぽどましだと思いますね。

 

結論:ブログ記事が書けない時には、まずは「言葉として吐き出す」ことから始めよう

というわけでまとめです。

 

ブログの記事が書けない、書きたくない、書くことないという場合は、いったん文章をタイピングするのを止めて、そのネタについて誰かと会話しましょう。

 

それが無理なら、一人でぶつぶつ独り言でも言って、ネタについて口から言葉として吐き出しましょう。

 

そして、できれば、その音声を録音して、後に録音した音声を聴きながら、ブログの文章に落とし込んでいけばいいです。

 

また、そもそも記事のネタに興味がないのならば、いっそ別のネタを書きましょう。

 

そうでないと、文章を書くのもつらいですし、読者にもGoogleにもどちらの心にも突き刺さらない平坦で味気ない文章しかできあがりませんからね。

 

というわけで、今回はブログ記事の書き方に苦戦しているSさんからのご相談に対しての回答でした。ぜひとも、あなたも参考にしていただければ幸いです。

 

また、ブログやメルマガ読者の方からいただいたご質問は、積極的に記事にしますので、何かお悩みがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。

 

結城へのご相談はこちらからお願いします。

 

それでは、本日も最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

結城でした。

 

 

完全無料のメール講座を開催中です

さらに、今なら合計100ページを超える有料級の限定特典を配布中!

 

*お名前(ニックネームでも可)
*メールアドレス

 
 

メルマガ特典画像1

 

メルマガ特典2

メルマガ特典3

結城のメルマガ特典画像

(一部抜粋)

 
 

無料メール講座の参加者限定特典内容の一部をご紹介すると…

◆ネットを使って荒稼ぎし、自由な生活を得ている者に共通する「たった2つ」の成功法則とは?

ネットで稼いで自由な生活をしている人は、どんどん増えていっています。そんな彼らには共通する「たった2つ」の成功法則があるのです。

この法則を知らないで闇雲に作業を続けていても成功は遥かかなたといえます。「その成功法則とは一体何なのか?」について、ここでは暴露をしていきます。

 

◆実績も何もない完全0の初心者でも、挫折することなく圧倒的に稼ぎ続けるまでの具体的な3つのアクションプランとは?

現在、ネットを使って稼ぐ方法というのは本当に腐るほどあります。

そんな数あるネットで稼ぐノウハウの中でも、余計な回り道をしないで「どうすれば最速最短で稼ぎ、自由な人生を送れるのか」について、3つのアクションプランに基づいて徹底的に解説していきます。

 

◆一日わずか2時間程度の作業でも、4か月後には月収を10万円増やす現実的な方法とは?

ネットで稼ぐ方法は実に様々ありますが、「たった4ヶ月間、一日2時間程度の作業で月収+10万円」にもっていく方法があります。

副業を探しているサラリーマンや自営業の方、子育て中の主婦の方でも、今までネットで稼いだ経験なんてない方でも簡単に始められる稼ぎ方です。

 

◆現在無数にあるネットを使った稼ぎ方の中で、月収7桁も達成可能なダントツに稼ぎ続けられる手法の全体像とは?

こちらでは、数あるネットビジネスの中でもダントツで一番稼げる方法について、その全体像と各段階のおける具体的な作業内容について解説しています。

このやり方を最初の段階で頭に入れておくことで、ネットで稼ぐための全体像を押さえる事ができるので、まさにロケットスタートで稼ぎ始めることができ、あなたは、月収7桁を達成することも決して夢ではありません。

 

◆多くのネットビジネス実践者が軽視している、誰が読んでも読みやすくわかりやすい文章を書くために必須な4つのポイント

ネットでお金を稼ぐためには、文章の力が必須です。

ネットの文章力というとコピーライティングを連想する方が多いですが、実は、コピーライティング以前に押さえておきたいモノがあるのです。

この章では、コピーライティング以前に押さえる必要がある4つの原則について、なぜそれが重要なのかという点から徹底的に解説をしていきます。

この原則を押さえることで、あなたの文章は誰が読んでもわかりやすく、そして読みやすい文章にすることができるのです。

多くのアフィリエイターがこの点を意識していないことから、あなたはこの原則を知り、長期的にネットで稼ぐ続けるための基礎中の基礎となるテクニックを身に着け、ライバルをごぼう抜きしてください。

 

◆なぜ人はネットの甘い話に騙されるのか?「仕掛ける側」が駆使する「心理テクニック」を根底から学べる結城独自のストーリー

こちらは、無料オファーでよく使われる心理的テクニックや鉄板のパターンを抽出して、ストーリーを作りました。

片手間で読むだけでも、怪しい無料オファーや高額塾で用いられるテクニックを知ることができ、一生騙されない知識を体得することが可能です。

結局、ネットで一番騙されないために必要なことは、「相手がどういう視点で何を仕掛けてくるか」を知ることです。

このストーリーでは、そんな「仕掛ける側」のテクニックを学ぶことができますので、どうぞ楽しみにしていてください。

 

 

さらに今なら…

◆ネットで稼ぐ自信や軍資金がない時に使える、誰でも必ず稼げる方法を伝授

こちらの特典では、これからネットで稼ぎたいと思っているけど、

  • 「本当に自分にもできるのか心配だ」
  • 「まずは少しでも稼いでみたい」
  • 「ちょっとでもお金に余裕をもたせてから始めたい」

といった方へ向けて、誰でも必ず稼げる方法について伝授します。

 

結城メルマガの自己アフィリ1

結城メルマガの自己アフィリ2

 

こちらのノウハウを使えば、10、20万円程度は稼ぐことができますので、ネットで稼ぐ実感と軍資金を得て、最高のスタートダッシュを切ってください

 

 

また、毎晩20時に送られる無料メール講座の内容としましては…

  • ネットで稼ぐために最初に知っておくべき心構え
  • 稼げるかどうかを大きく作用するマインドセットの重要性
  • 何もない初心者でもステップバイステップで前進していける手法
  • ネットで一生稼ぎ続けるために必要不可欠である超重要なスキル
  • 楽しくレベルアップをしながら長期的に稼ぎ続けるための方法論
  • ネット上に大量にあふれる情報の見分け方
  • あなたにあったノウハウのご紹介と具体的な進め方
  • 一瞬でやる気を引き起こすためのカンタンテクニック
  • 完璧主義を脱し、最短・最速で成功へ駆け上るためのノウハウ
  • 仕掛ける側と仕掛けられる側の決定な違いとその効果
  • 成功者に好かれるためにたった1つだけ抑えておきたいこと
  • 未知のものに出会った際に留意するべき2つのポイント
  • ネットで稼ぐための必須のコピーライティングの極意とその考え方
  • 文章力がない人でもネットで稼げる合法的なパクリのノウハウ
  • 無理なく脱サラしスムーズにネットビジネス専業になるための流れ
  • あなたも体験したことがあるはず? 日常生活の中でも用いられている“ある心理テクニック”
  • 期間限定の特別無料相談会のご案内

など、ここでご紹介させていただいたのは「極一部」です。

 

その他、普段ブログでは語らない情報もありますので、あなたのご参加を心よりお待ちしています!

 

*お名前(ニックネームでも可)
*メールアドレス

 
 
※参加後、5分以内にメールを送付しますが、万が一届かない場合、アドレスが誤っているか迷惑メールフォルダ等に振り分けられている可能性があります。その場合、再度参加しなおすか迷惑メールフォルダにいかないように設定をお願いします。 
 
また、Gmailであれば比較的届きやすいので、お持ちであればGmailでの参加をオススメします。
 
 
 
なお、無料メール講座の参加者の方からはこのような感想をたくさんいただいております。
 
簡単に稼げると謳ったものこそ詐欺だったんだと感じた。
やはり何もしないで、簡単にお金を生み出す方法はないのですね。頭では分かっていても、魅力的なオファーなどを見ると、ついついもしかしたらなんて思ってしまうんですよね。ダメなところです。

楽して稼げる方法はない、行動の重要性。

とにかく信じるものを みつけた気持ちです
よろしくお願いしたいです

今日明日の目先で考えるのでは無く、半年後、1年後2年後といった先を見据えて情報を得て知識を吸収し、そして1日1日それを行動に移し実践していきたいと思いました。

普段私はなかなか行動が出来ずにいました。
しかし今回、自分がメルマガに返信するという行動をした結果、結城さんを行動させる要因にもなったと考えると、行動しないことはほんと損だな、と身をもって感じました。
人を行動させるにはまず自分が動かなきゃ始まらないんですね。
結城さんの有益な情報を血肉にするつもりで吸収するつもりですので、よろしくお願いします!
最近、甘い誘惑に乗せられちゃいそうなブログ等が多い中、そんなに簡単ではないよという、まともさを感じました。

結城さんの例え話で大分具体的なイメージが固まってきました。

結城さんが ざっくばらんに…とうれしいです あまり、相談も出来ずにいましたから、
psから、pppppsまで どんどん書き込んで励ましてくださり うれしいです

脱サラしてパソコンだけで生活している、他人から束縛されることのない結城さんの生活がうらやましいですね。

あと、言われたとおりにすれば儲かる!系の情報が信用できないという点も、本当にそのとおりだと思います。

やはり、ヒントはもらっても、そこから先は自分の創意くふうで差別化していけるものが楽しいのではないかと思っています。

ネットビジネスの紹介は嘘が多く、正直なところまだ半信半疑なところもあります。

でも、今できることはやっていこうと思っています。

・それなりに苦労され、早く独立されたのでいいかなと思いました。

・ノウハウ・スキルなど必要なことが学べると思った。

・特典の内容がイイですね!

パソコンとネット環境さえあればOK、という言葉にとても魅力を感じると同時に「正しい知識」と「行動」というごく当たり前ながら見逃しがちな点を強調されている部分に改めて目が覚める思いがしました。

信用できるかできないかはまだわかりませんが、本気で稼ぎたい気持ちになりました

初めは軽いノリで申し込んだメルマガでしたが、その魅力に惹きつけられ、内容もとてもためになり、気づいたら本当にワクワクしながら読ませていただいてます、本当にためになるお話をありがとうございます!

本当にネットだけで収入が得られるような感じがした。

自分は今大学生をしてます。このままだと普通の企業に就職して、毎日働いていくという日々で一生終わってしまうのではないかと思っています。ネットビジネスの稼げてやりたいことがやれるという所に興味があります。このままやりたいことをやれないような人生のレールに乗っかってしまうのが怖いです。

僕は一度インターネットビジネスの道に踏み込んですこし始めたことがあります。しかし、その時は目先の利益ばかり考えて、なかなか利益が出てくれないことにいらいらし、辞めてしまいました。今回このメールの無料講座を通して、もう少し深く学んで、じっくり取り組み、将来的に稼げる様になっていきたいです。よろしくお願いします。

メール講座の内容ではないですが、特典にある100円さぎしのお話が面白かったです。

と、このような感想をたくさんいただいております。

 

ぜひとも、あなたもメール講座に参加して、ネットで稼ぐためのノウハウを学んでみてください!

 

*お名前(ニックネームでも可)
*メールアドレス

 
 
※参加後、5分以内にメールを送付しますが、万が一届かない場合、アドレスが誤っているか迷惑メールフォルダ等に振り分けられている可能性があります。その場合、再度参加しなおすか迷惑メールフォルダにいかないように設定をお願いします。 
 
また、Gmailであれば比較的届きやすいので、お持ちであればGmailでの参加をオススメします。
 

 

その他ご不明な点があれば、いつでもお問い合わせください。

結城へのお問い合わせはこちら