※最終話の公開を受けて加筆・修正しました。

 

こんにちは、結城です。

 

今回は無料オファーのレビューをいたします。

 

ここ最近の無料オファーは「何もしないでもお金をあげます!」というものが本当に多いです。

つい先日もそういった類のオファーを紹介したばかりでしたね…

>>芹那のマザーテレサプロジェクト

 

こちらのオファーは、恵まれない人々を救うだとか愛だとか、

何かと情に訴えかけてくるオファーでした。

 

そして、今回またしても、そんな愛の精神に満ちた、

参加者全員にお金あげます系の無料オファーが出てきました。

 

今回ご紹介するのは、

 

北野 正(きたの ただし)さんによる「ザ・ミリオンチャリティプロジェクト」

 

という案件になりますね。

 

以下内容を確認していきましょう。

 

 

北野正  ザ・ミリオンチャリティプロジェクトの全容とは?

【特定商取引法に基づく表記】

販売会社:合同会社エムシーシー

販売責任者:北野 正

メールアドレス:info@million-charity.com

所在地:福岡県福岡市中央区桜坂 1-10-38

 

==========================
稼ぎ方や、ノウハウを教えるわけでも

投資やツールを販売するわけでもない。

 

チャリティ企画に参加するだけで

「私」も「あなた」も含めた

もれなく全員が必ず一緒に

 

『100万円を現金で』

受け取ることができるのです。
==========================

 

ザ・ミリオンチャリティプロジェクトという名前の通り、

北野正さんによると、参加者全員に100万円をあげるとのことです。

 

北野正さんについて調べてみたのですが、

全くといっていいほど、まともな情報は出てきません。

このオファーに関するレビューサイトしか見つからないですね(汗

動画で話されていたような実績は本当なのか、疑わしい限りです。

 

まぁこのような、調べても実績がどこからも出てこないことはよくあるパターンであり、

経歴など口ではなんとでも言えますから、信じる必要もないです。

 

また、本プロジェクトには直接関係しているわけではないですが、

販売会社の合同会社エムシーシーの住所を検索してみたところ…

 

 

このようなアパートが出てきました。

これだけでこのプロジェクトが稼げないとは言い切れませんが、

60億円も売上があるという話だったのに、実際の会社はこれ!?という印象を受けました。

 

また、合同会社エムシーシーは、

 

 

設立が2017年8月とつい最近なんですね。

おそらくはこのオファーを仕掛けるためだけに作った会社かと思われます。

 

さて、それでは肝心の内容を見ていきましょう。

動画の第一話を観る限り、ビジネスモデルはわかりません。

こちらもよくあるパターンです。

今後公開される複数話にわたる動画内にて、少しずつ詳細がわかってくるのでしょう。

 

レター内には、

 

「稼ぎ方をノウハウを教えるわけではなく、投資やツールの販売ではない」

 

との文が見受けられます。

 

更に、動画内で北野正さんは、

 

・仕組みを作った

・参加者が多いほど成功するようになっている

 

などと発言されています。

 

これらの発言から、今回のオファーは「マルチ商法やネズミ講」なのではないかと予想します。

いわゆるネットワークビジネスというやつです。

 

あくまでも予想の域ですが、いずれにせよ現時点ではビジネスモデルも不明であり、

再現性があるかどうか以前の問題です。

第一話だけでは情報が少なすぎて検証しようがないというのが、正直な想いですね。

 

※結果的に、ネットワークビジネスではなく暗号通貨を用いたビジネスモデルでした。

北野正  ザ・ミリオンチャリティプロジェクト、第二話を受けて

さて、第二話が公開されましたので、簡単に流れを押さえておきましょう。

 

まず、結論としてザ・ミリオンチャリティプロジェクトは、

ネットワークビジネスではありませんでした。

私の早とちりで誤った予想をしてしまい、大変申し訳ございませんでした。

 

ザ・ミリオンチャリティプロジェクトは、

暗号通貨(仮想通貨)を用いたものであるとのことが第二話で判明しました。

 

暗号通貨についてはご存知の方も多くいらっしゃるかもしれませんが、

簡単に言えば、株式のような投資と同じです。

 

2017年の今現在、暗号通貨はメディア等でも取り上げられるようになったため、

段々と認知度も増してきて、今後もっと市場規模が大きくなると言われています。

まさに下の画像でいう、成長曲線の中にいるといっても過言ではないでしょう。

 

 

しかしながら、暗号通貨も結局は投資ですから、当然種となる資金が必要です。

ただ、第二話では「普通に暗号通過を買って投資してくださいねというものではない」

との北野正さんの発言がありました。

 

その理由が、マトリックスシステムというシステムを使うからとのことでした。

マトリックスシステムを使えば、参加者全員に100万円が行き渡るとのことらしいですね。

 

北野正  ザ・ミリオンチャリティプロジェクト、第三話を受けて

続いて、第三話の説明に移ります。

 

第三話は、マトリックスシステムの説明からはじまります。

マトリックスシステムは、人工知能(AI)のシステムを用いているため、

暗号通貨が、どのように上がるのか下がるのかを過去のデータを元に解析し、

損がしないように購入売却を繰り返していくというシステムみたいです。

 

第三話では、具体的に北野正さんのパソコンを用いて、

マトリックスシステムでどの程度稼いだのかが説明されております。

まぁただあの映像も本当かどうか真意は不明です。

 

更に動画の後半では、ホワイトボードを使って、

「なぜ参加者が多ければ多いほどいいのか」との説明もなされておりました。

 

北野正  ザ・ミリオンチャリティプロジェクト、第四話を受けて

第四話は、こういった無料オファーによくある、

「実践者の声」として3名にインタビューするところからはじまります。

 

インタビューでは、月に100万円以上稼いでいて、

自由な生活を謳歌している方ばかりでしたが、真相は不明です。

こちらも確認しようがありませんので、ここでは突っ込みませんし、

別に信用する必要も全くないですね。

 

動画後半には、チャリティをもらう方法についての説明がなされており、

ここで、ようやく今回のプロジェクトにおける重要な点が現れました。

 

 

こちらです。

チャリティを受け取るにはミリオンチャリティクラブというものに入る必要があるとのことです。

 

さて、ここまでの計四話を受けて、以下にザ・ミリオンチャリティプロジェクトには、

参加するべきか否か、私なりの見解をお伝えします。

 

北野正  ザ・ミリオンチャリティプロジェクトに参加するべきなのか?

さて、今回の無料オファーについては、第一話だけでは情報が少なく判断が難しいものでした。

第二話、第三話、第四話と動画が続いていくことにより、少しずつ全容が見えてきましたね。

 

ずばり、私の見解は以下のとおりです。

 

ミリオンチャリティクラブというものに入ることで、

暗号通貨で稼ぐシステムであるマトリックスシステムが使える権利を得られる。

しかし、当然無料ではなく、ミリオンチャリティクラブに参加するための参加費、

マトリックスシステムの利用料、システム運用費等の名目で、

必ず数十万円の初期費用がかかることが予想される。

場合によっては、月額課金制の可能性も十分にありえる。

 

以上が今回のプロジェクトに対する私の見解です。

 

というか、本当にチャリティで100万円をくれるなら、

今すぐに口座振り込みすれば済む話では?と思いますね。

元々第一話の時点では、今すぐに現金100万円受け取れますって言ってましたよね。

その話はどこにいったのでしょうか。

 

何も人工知能がどうとか、マトリックスシステムがどうとか難しい話ではなくて、

無料で100万円をくれるんだから、今この瞬間に送金してと私なら考えてしまいますが(笑)

 

また、暗号通貨の売買がビジネスモデルであるならば、

「種となる最初の投資部分のお金はどうするの?」という話です。

 

今まさに借金をしていたり、生活がカツカツで余裕が全くない人が、

いきなり数十万円から数百万円を暗号通貨にぶっ込めるかのかっていう話です。

無理に決まってますよ。

 

暗号通貨はただでさえ動きが激しいですから、

なけなしのお金で投資したとしても、精神衛生上悪すぎます。

 

投資は余剰資金、つまり全額失ったとしてもなんとかなる資金で運用することが原則です。

失ったら死ぬくらいのレベルの資金を投資に使うなんて、それこそギャンブルです。

 

あと、参加すればするほど通貨の価値が上がって儲かるという話ですが、

暗号通貨は世界中で買われていますので、仮に今回の案件の参加者が数百人程度だとしても

その影響は微々たるものでしょう。

 

結局のところ、本当に何もしないで100万円もらえるなんてことはありえなかったわけです。

結局は、マトリックスシステムという自動売買のツールを用いた投資だったわけですから。

 

というわけで、結論としては…

 

結論:結局、初期費用が必要な流行りの暗号通貨投資であった。

結局、ザ・ミリオンチャリティプロジェクトも、

よくある暗号通貨の自動売買トレードについてのオファーだったということです。

 

ここまで動画を見てきて「それでも私は数十万円の初期投資をしてでもクラブに入りたい」

という場合は、私は止めはしません。

もしかしたら、ツールの性能が抜群に良くて、本当にどんどん稼げるかもしれないですしね。

全て自己責任の上でなら、クラブに参加してもいいと思いますよ。

 

それにしても、本当に最近こういった無料でお金あげます系のオファーは多いです。

 

で、なぜ私がこのような興味もない無料オファーを未だにチェックしているかというと、

「仕掛ける側の視点を得る」ためなんですね。

こういった無料オファーの販売者は商売のプロですから、

当然視聴者の気分が盛り上がる構成にしてくるのです。

 

そのため、こういったオファーを観て心躍るのは当然といえば当然です。

多くの方が「うさんくさいけど、でももし本当だったら…」という

淡い期待を抱くような構成になっているのですね。

 

しかし、このように、ただオファーを受け取る側の視点で見るのではなく、

オファーを仕掛ける側の視点でオファー内容をチェックしてみると、

非常に多くのことが学べます。

 

・なぜ複数話の構成なのか

・なぜ実践者の声があるのか

・なぜ販売者の信念や過去の話が行われるのか

 

このように、一つのオファーからは様々な商売における

心理的にテクニックがふんだんに盛り込まれているわけです。

 

販売者の心理テクニックさえ理解しておけば、

販売者の手のひらで踊らされることもなくなるでしょう。

 

追記:2017年9月26日に公開されたクラブ参加の詳細を受けて

この項では、9月26日に公開されたミリオンチャリティクラブの詳細について、

私なりの見解をお伝えします。

 

予想通り、マトリックスシステムの利用料(経費とのことです)として、

初期費用がかかりました。98,000円(税別)とのことです。

 

まぁ必ず参加費がかかることは容易に予想できたので、特に何も感じませんが、

最初の最初に言っていた現金100万円をあげますって話はどこにいったのでしょうかね。

 

それと個人的に気になったのが、Member’s Voiceの手紙ですね。

試しに「北野」という字の3人の筆跡を比べてみてください。

どうみても同一人物が書いているのでは?と思えるくらい似た筆跡です。

こういう非常に細かいところですが、非常に気になってしまいますね。

 

さて、ここまで長々と読んでいただいたあなたのために、

ぜひ知っておいてほしいことが2つあります。

最終的にこのプロジェクトに参加するしないの決断はあなた自身で行うことになりますが、

以下の2つのことだけは絶対に事前に心得ておいてください。

 

1 バックエンドの存在があること

 

このクラブに加入すれば、ほぼ確実にバックエンド商品の販売が待ってます。

バックエンドとは、VIPコースだったり、超特別コースなどの名目で、

通常のコースよりもより良い待遇が得られるコースのことと思ってください。

通常コースが98,000円(税別)ですから、50万円くらいが価格として予想できます。

 

バックエンドは商売の基本というか、ごくごく当たり前の販売手法ですから、

参加直後にバックエンドの販売があったとしても驚かないでください。

 

 

2 セールスレター最下部の特定商取引法に基づく表示及び利用規約を熟読すること

 

セールスレターの最下部に、特定商取引法に基づく表示と利用規約が記載されています。

返金等で販売者側とやりとりする可能性もありますので、必ずこちらは熟読してください。

気になる点は事前に電話して聞いてみるのもありかと思います。

 

以上の2点です。

 

これらのことを理解した上で、最終的に加入するしないを決めていただければなと思います。

自分自身で判断がつかないという場合は、記事下のリンクからお気軽にお問い合わせください。

 

以上、追記でした。

 

あなたが本当にネットで稼ぐことに興味があるのならば…

最後になりましたが、ここまで長々とお付き合いいただきありがとうございました。

おそらく、ここまで読んでいる方は相当このオファーが気になってしまったのでは

ないかと思います。

 

ただ、一つ知っていただきたいのは、

「無料オファーは、誰がみても魅力的に感じるように作られている」

ということです。

 

特にこの記事に関しては、毎日数百アクセスもあり、非常に多くの方が

今回のオファーについて、気になっていることがわかりました。

 

私自身も、何も知識がない中でこのようなオファーを仕掛けられたら、

ついつい信じ切ってしまうかもしれません。

 

販売者もセールスのプロなので、引き込まれて当然といえば当然なんです。

「なんでこんなにも簡単に引き込まれたんだろう…」と自分を卑下する必要はありません。

 

むしろ、「ここまで引き込まれたのには、何か理由があるはずだ」と、

販売者の意図を探ることが、今後似たようなオファーに踊らされないために重要です。

 

何かを仕掛けてくる側の意図がわかれば、ネット社会に限らず、

リアルな生活の中でも、誰かの手のひらで踊らされ続けることもなくなりますしね。

 

で、長くなりましたが、もし、あなたがネットでお金を稼ぐ事に興味がおありで、

このような無料オファーにたどり着いてしまったとしたら、

自分の力で安定的に稼ぎ続ける方法を実践したほうが、

リスクもなく長い目でみて稼いでいくことができます。

 

もちろん、よくある無料オファーのよう触れ込みのように、

何も作業をしなくても稼げるような魔法な稼ぎ方ではありませんし、

誰かを無駄に煽ったり、騙すとか嘘をついて稼ぐ方法でもありません。

 

きちんとした方法や戦略を学べば、誰しも再現できますし、

そうした培ったお金稼ぎのスキルは、自分自身の血肉として、

今後とも一生ものとなるかと思います。

 

このような無料オファーと比べて、

「ビジネスで稼ぐ」と聞くと、難しそうだなと身構えたりもしてしまいますが、

下の記事でも紹介しているように、文章力も不要で、

誰でも簡単に始められる稼ぎ方もあります。

 

文章力不要で、完全0の初心者からでも始められる稼ぎ方はこちらから

 

まずはこのようなハードルは低いところから挑戦してみて、

ネットをお金を稼ぐという経験を得てみるといいと思います。

 

結局、ネットであろうが、リアルな社会であろうが甘い話はありません。

ハードルの低い誰でも再現できるところから、コツコツと積み上げていくことが

大切だと、私は考えています。

 

ネットで稼いだことのない初心者の方でも気軽に取り組める内容ですので、

興味がある場合は、是非ご覧になってみてください。

 

また、無料オファーで騙されないための基礎知識について、

以下の記事でご紹介しておりますので、興味がある方はご覧ください。

仕掛ける側の視点がおもしろいくらいにわかれば、

毎度毎度このようなオファーに踊らされることもなくなりますよ。

 

無料オファーで騙されないための基礎知識を習得する。

 

それでは、本日も最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

~追伸~

 

完全0の初心者がネットを使って稼ぐスキルを得るための、

参加型無料メール講座を開いております。

 

この講座では、参加者全員に対して、

「ネットで稼ぎまくるための本質的な戦略」を伝授しています。

奮ってご参加くださいね。

 

参加型無料メール講座への参加はこちらから!

 

merumaga-kijishitaform

完全無料のメール講座を開催中です

さらに、今なら合計100ページを超える有料級の限定特典を配布中!

 

特典内容の一部をご紹介すると…

 

◆ネットを使って荒稼ぎし、自由な生活を得ている者に共通する「たった2つ」の成功法則とは?

◆実績も何もない完全0の初心者からでも、挫折することなく圧倒的に稼ぎ続けるまでの具体的な3つのアクションプランについて

◆一日わずか1時間程度の作業でも、たった3か月で月収を10万円増やす現実的な方法

◆無数にあるネットを使った稼ぎ方の中で、月収7桁も達成できる可能なダントツで一番稼げる方法とは?

◆多くのネットビジネス実践者が軽視している、誰が読んでも読みやすくわかりやすい文章を書くための4つのポイント

◆なぜ人はネットの甘い話に騙されるのか?「仕掛ける側」が駆使する「心理テクニック」を根底から学べる結城独自のストーリー

 

また、無料メール講座の内容としましては…

 

・ネットで稼ぐために最初に知っておきたい心構えについて

・稼げるかどうかを大きく作用するマインドセットの重要性について

・何もない初心者でもステップバイステップで前進していける手法について

・ネットで一生稼ぎ続けるために必要不可欠である超重要なスキルについて

・楽しくレベルアップをしながら長期的に稼ぎ続けるための方法論について

・無理なく脱サラしスムーズにネットビジネス専業になるための流れについて

 

などと、ご紹介させていただいたのは「極一部」です。

 

その他、普段ブログでは語らない情報もありますので、

あなたのご参加をお待ちしています!

 

*お名前(ニックネームでも可)
*メールアドレス

 

その他ご不明な点があれば、いつでもお問い合わせください。

結城へのお問い合わせはこちら